09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.18 (Fri)

(●^o^●)

そよちゃんから教えてもらった谷川俊太郎さんの詩。




【まる】


こんぱすで かみに まるをかく

どこか とおくへ ひとりぼっちで

いってしまいたいとき

まるに じぶんを とじこめる



ぼうきれで じめんに まるをかく

だれかを おもいきり ぶちたくて

どうしても ぶてないとき

まると きもちを あそばせる



からだごと そらに まるをかく

どうして どうしてとたずねても

なにもこたえが みつからないとき

まるを あしたへころがしていく


   
        
*****  *****  *****  *****




谷川俊太郎さんの【 生きる 】


生きているということ

いま生きているということ・・



という言葉で始まる、その詩は

確か学校で習った記憶がある。

いつごろだったかなぁ。。



いろいろ検索してみた。

いい詩が、たくさんあるんだね。



さてっと。。



今日もいいお天気!



ぼぉ~とする暇はない。



笑顔で行ってきます (●^o^●)


スポンサーサイト

テーマ :  - ジャンル : 小説・文学

08:39  |  詩・言葉  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.16 (Wed)

まっすぐに♪

ひまわり



太陽をまっすぐ見つめる

ひまわりのような

そんな・・

笑顔をください。


空高く背筋を伸ばして

まっすぐに伸びる

そんな・・

元気をください。


太陽が隠れてしまうと

うつむいてしまう


ひたすらに

まっすぐに


しゃんと咲き続ける

そんな・・

勇気をください。




**** *** *** *** *** *** *** *** ***



先週末には、やっとPCもつながりました。

10日ほど、使えなかっただけなのに・・

やけに退屈で、寂しかった^^


つながるようになったら、すぐPCの電源をポチッ・・とな。

ネット依存症みたいになってるのかなぁ?w 

あはは・・・ (^^ゞ


毎日、暑い~~ (>_<)

こんな真夏真っ盛りなのに中国地方は

いまだ梅雨明け宣言していない。

山口県は、とっくに梅雨が明けているというのに

他の中国地方4県は、まだだと言う。


広島地方気象台が発表するらしいが

山陰側の梅雨前線の影響が残っているからとか。。


そのせいか・・

気温が高くて、じめじめと息苦しい。


夏は、暑いのしょうがないけれど~

いゃはやあぁ・・ ぐったりしそうだけれど~

美味しいものでも食べて、スタミナつけよう!


テーマ : 写真にコトバをのせて - ジャンル : 写真

09:19  |  詩・言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.21 (Fri)

夢・・

ガラスの涙
< 画像/Photolibrary >


片手の上に ちょこんと乗るほどの

ささやかな夢があった


大切に暖めていたものが

指の間から するするとこぼれて落ちる


夢は叶うと信じるもの?

叶わないから夢?


遠く微かに・・

海鳴りが嘆くような声に

はっとして目を開けたとき


最後の最後の・・夢の欠片が

手のひらの上で震えていた

それを そっと・・

静かに握り締めた


冷たくなった手の中で

ガラスの涙は零れて落ちた


穏やかな気持ちで振り返り

ありがとうと感謝しながら・・


テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

23:30  |  詩・言葉  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.19 (Tue)

砂の城

御前崎


手探りで かきあつめた砂の城

波にさらわれて 

一瞬の間に流れて消えた


人影少ない秋の海は

波の音がやけに心に響いて


移り変わる季節の狭間で

君の笑顔を思い出していた


無邪気に遊んだ子どもの頃に

戻れたらいいのにね


テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

09:04  |  詩・言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.30 (Wed)

今日から・・

長かった夏休みも終わり

今日から、息子の学校が始まった。


はてさて??

おぉーい!o(* ̄○ ̄)ゝ 息子よ~~

昨夜遅くまで、悪戦苦闘していた宿題は

完了したのかぃ・・・?w


       


過ぎ去りし夏・・・

静かに穏やかに

ただ漠然と

時の流れを見つめていた。



夢、幻・・

現在、過去、未来・・

真実、嘘・・

友情、愛と誠



いつまで

こうしているのだろう

目の前にある小さな箱に

問いかけながら



今日もまた こうして

言葉をつらつら並べて

自分と向き合っている



ただ

頑固なまでにも

大切なものと

信じるものが

この胸の中にあるから




********************



もう・・

やめようと思って眠りにつく。

なのに

また電源ボタンを押している自分に笑った。


小さな箱の中から

君が

ふふふ・・ と笑ったような気がしたよ。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

09:14  |  詩・言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.12 (Sat)

深呼吸♪~


目をつぶって

素直な気持ちになって

空に向かって深呼吸♪~


ため息こぼしちゃ

幸せが逃げていく


ありがとう

ごめんなさい


大切な言葉を忘れぬように・・


テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

17:42  |  詩・言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.05 (Thu)

コトバの力 (谷川 俊太郎)

先日の新聞記事で詩人、谷川俊太郎さんの詩が掲載されてあった。

なんとなく目にとまったので、書き残しておこう。


   
   コトバの力 (谷川俊太郎)


   困ったものだよコトバって

   せっかちでアタマでっかちで

   矛盾するのが大きらい

   黒か白かに整理したがり

   やたら細かく名前をつける

   今じゃコトバが多すぎて

   ぼくらコトバの海に溺れる



   名前を変えれば中身も変わる

   そう思わせるのがコトバの怖さ

   あっちの神がこっちじゃ悪魔
   
   文字だけのからっぽコトバで

   うるさいだけの大声コトバで

   玉虫色のごまかしコトバで

   ヒトはころころだまされる



   嘘を本当にするのがコトバなら

   本当を嘘にするのもコトバ

   出来合いコトバをうのみにせずに

   ココロとカラダの深みに潜り

   生身のコトバを探すのだ

   疑い抜いたその先に

   自分のコトバが見えてくる



   うわべは軽いコトバでも

   ときには中身に命がかかる

   中身の重みは辞書にはない

   中身を生むのは生きてるヒトだ

   したたかにしなやかにゆったりと

   ごまかさず言訳もせず他を責めず

   真正面から届くコトバ



   そんなコトバこそ本当のコトバ

   ココロとカラダの底から湧いて

   情にからんでささやき叫び

   とことん論じて理を尽くし

   ときには口をつぐんで謙虚に刻む

   ヒトとヒトとを結ぶへその緒

   コトバのいのちは日々甦る


テーマ :  - ジャンル : 小説・文学

21:01  |  詩・言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。