03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.13 (Wed)

ハンバーグ

ねぇ あなた

今夜のおかずは何にする?

ハンバーグでも焼こうかなぁ

いつもの定番 またこれか? 

なんてね ほら 笑ってるんでしょ


哀しい嘘と妄想の玉ねぎを

泣きながら みじん切り

キャラメル色になるまで炒めましょう

甘~~い優しさ ほしいから


LoveLove 肉汁 逃げないように

ボールの中で 練りこみましょう

右手で受け止め 左手で抱きしめ

見えない言葉のキャッチボールじゃ

心はキュンと痛いまま


AIAI 愛情 丸く包んで

まんなかツンツン へこましましょう

中火でじっくり 暴れる肉汁 
 
ここぞとばかりに ほらフライ返し

叩かないでよ優しくね


LoveLove AIAI LoveLove AIAI

LoveLove AIAI LoveLove AIAI・・


見え隠れするね 嘘と真実

寂しさソルト 虚しさペッパー

LoveLove 肉汁 AIAI 愛情

涙の塩味ハンバーグ 


LoveLove AIAI LoveLove AIAI

LoveLove AIAI LoveLove AIAI・・



スポンサーサイト

テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

09:55  |  歌詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.30 (Wed)

夏の終り・・

瀬戸大橋


蝉の鳴き声 遠くなり

ざわめく海から

人影が消える時

月の雫がそっと海に揺れる

静かに・・ 

静かに移り変わる時



切なくもあり 寂しくも

きらめく海から

夕陽が暮れゆく時

星の涙がそっと海に眠る

静かに・・ 

静かに移り変わる時




************************



夏休み最後の、瀬戸大橋のネオンの夜景を見てきた。

この街の終り行く夏の風景。。

テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

03:13  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.29 (Tue)

君は子猫

曲が付いたらいいなぁ~ と思って

書いた歌詞だけれど

未だに曲が付いていないのですww




子猫


触れてしまうと

壊れてしまいそうで

君はまるで ガラス細工のよう

壊れてしまいそうな 儚い心


もっと 素直になれば良かった

もっと 優しくなれば良かった



差し伸べる手は

君に届かないけれど

君はまるで シャボンの泡のよう

消えてしまいそうな うたかたの夢


なにも 悲しくなんかないのに

なにも 寂しくなんかないのに



ここにおいでと

呼んでも来ないけれども

お腹が減ると すぐに帰ってくる

寂しがりや同士 頬よせあって


いつも 気がつくとそこにいるね

そうね それだけでよかったんだ


テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

01:08  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.25 (Fri)

夏やすみ

海


夏の終り・・

虫取り網を背中にかついで

半パン、サンダル、麦わら帽子

蝉の抜け殻 ブローチにして

夕陽が追いかけてくるまで

いっぱい遊んだっけ



夏の終り・・

白い泡波 すくっては飛ばし

海パン、浮き輪に、ビキニの彼女

砂に書いたね Love Love Love・・

潮風の香りと青空

波間で追いかけっこ



夏の終り・・

真っ黒になり 遊んだけれども

絵日記、ドリルに、自由研究

あと何日と カレンダー見て

大志を抱けよと苦笑い

まだまだ終わらないで 
 

僕らの夏・・・
  

テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

01:03  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.23 (Wed)

光り


寂しいと 口に出したら

全て見透かされて しまいそうで

女はね 武器があるけど

人前で泣いては いけないんだ

明日 優しくなるために

明日 強くなるために

流れた涙は

海の底ふかく

真珠になって 眠るだろう



強がって 目をそらしたら

全て置き去られて しまいそうで

ホントはね 後ろ姿を

ため息かみしめて 見ていたんだ

明日 優しくなれるかな

明日 強くなれるかな

流れた涙は

空に散らばって

星屑になり 光るだろう


テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

18:40  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.17 (Thu)

夏の海 君と・・

夕焼け


波の音が 止まったよ

金色に輝く その瞬間を

君に見せたかった 海なんだ

海鳥たち 何処へ行く

おまえの帰る家 その旅路まで

いつまでもこうして 飛びたいね



はだしのまま どこまでも

このままもう少し 時間を止めて

夕凪の風にも 抱かれたい

空と海の 間まで

月が迎えに来る その果てまでも

ふたりで手を繋ぎ 歩こうか


テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

18:30  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.16 (Wed)

時に・・

月


太陽のように・・

光りと輝きをくれた

時に 厳しく照り付けて

時に 暖かい眼差しで

全てのものに降り注ぐ愛

全てのものに降り注ぐ愛



月のように・・

微笑みと安らぎをくれた

時に 見えない道を照らして

時に 隠れて見守って

見てないふりして包む愛

見てないふりして包む愛


テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

02:08  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.12 (Sat)

ほろり

向日葵2


ゆらり ゆらり

風に揺れて、ひまわり踊る

ほろり ほろり

ここにおいでと、ツバメが誘う

ここで待ってるから

きっとまた逢おうよ

一緒に飛べないけど

きっとまた逢えるね

大地に根を張り

最後まで笑っているよ


君の旅立ちを

手を振って見送るからね

きっと また・・

ここで逢えるから。


テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

15:40  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.08 (Tue)

向日葵

向日葵


太陽をまっすぐに見つめる

夏の、ひまわりのような

輝く笑顔をください。


空に向かって

しゃんと背筋を伸ばして

まっすぐに伸びている

そんな・・

元気をください。


太陽が見えないと

うつむいてしまうよ

ひたすらに信じて

咲き続けている

そんな・・

勇気をください。


テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

12:39  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.06 (Mon)

遠い空・・

     遠い空♪


   そうね・・ 八月の 

   やけに暑い日だった

   あなたは 遠いところへ旅立ちました

   もう あの笑顔は見えないけれど

   見上げた空に
 
   あなたが笑っているよな 気がするよ


   心残りは ないですか?

   遠いところ 幸せですか?

   私の声が届きますか?


   風に乗って 届くといいのにね

   どうか・・ どうか・・

   幸せだと 笑って答えてください




   そうよ・・ あの日から 

   あなたの子どもたちは

   いつでも 強く優しく生きている 

   もう あの歌は聞こえないけれど

   見上げた空に

   あなたが歌っているよな 気がするよ


   忘れた物は ないですか?

   探し物は ないですか?

   私の声が届きますか?


   風に乗って 届くといいのにね

   どうか・・ どうか・・

   安らかだと 笑って答えてください



   どうか どうか 笑って答えて下さい


        (05.02.17作)


******************************



昨年の2月19日には早々に曲をつけてくれた歌です。

ある方の、 「 あなたへ 」 という詩を拝見して、

私の中の 「 あなた 」 へも

この想いよ届け・・と、書いたのを思い出します。


閉ざしていた心の糸を紐解いて

出てきた言葉が詩になり

曲が付いて歌になった時には

なんか不覚にも涙が出てきたなぁ。


この歌、遠い空は・・

あまりに悲しい歌詞で、切なげに唄う為に

随分とリスナーに反響があった。

 
メール、電話など頂き

いろんな人からの、批判、反感があったのを思い出す。

中には、この歌で悲しい想いをする人もいて

詩を書いた私としては、なんとも複雑な思いを抱き

詩を書いたことが間違っていたのかな? と、その度に悩んだりもしたんだ・・


歌の感じ方は人それぞれで・・ 

皆違ってあたりまえ。

この歌でもう一度頑張れるような気がすると言ってくれた方もいた。

誰もが身近に経験する万人向けの歌だと言う方もいた。

一生懸命さが、この歌から伝わってくるとも言ってくださった。

同じような想いをしたことがあって、共感できると。。


これほどまでに、いろんな意見がたくさんあったのも

悲しい歌詞を、そのまま感情を込めて歌ってくれたからだろうなぁ・・


切ない系の歌だが、メロディーがとても素敵で感情が入っていて

私はこの歌を聴くと、大事な人の笑顔をいっぱい思い出すんだ・・

いろんな意見はあると思うけれども

詩に命が吹き込まれて歌になったって事は

私にとっては、大切な宝物なんだ♪


唄ってくれて、ありがとう。

テーマ : 作詞 - ジャンル : 音楽

02:00  |  歌詞  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。